ペペ田代~ギタリスト

ギタリスト・ペペ田代のホームページへようこそ!

演奏のオファーは:info@pepetas.com/TEL.03-3371-6681

読書

夢のごとき愛読書

 今日は日曜でペペタスギター教室は定休日。私ペペ田代もレッスンお休み。でも私は当然仕事。
 ペペタスギターオンラインというギターレッスンDVDのシリーズに、新コースを発表するので(来週には発売します~ギタービギナーコースの待望代6&7ステップ)資料作りなどを。
 さて、6月は私にとって、ひどく運気の悪い時期(今年が大凶の年で、その中でもすこぶる悪い月)とのことで、ひどく精神的にダウンしました。
 私の家内が、占い師の修行中で(そのうちプロデビューします。ご贔屓にお願いします)、私は家内がプロ入り宣言したと同時に、100%その占いを信じ、実行するようにしてます。
 で、今年&今月は最悪~とは、その家内の見立てでして。
 で、家内は今、修行中ながら、見立て&鑑定もしているようです。ブログをやってるので、見てやってください。
 http://ameblo.jp/ulusla/
 さて、私の趣味の一つに読書があります。
 読書の習慣を持つということは、人生において避難所を設けるようなものだ
 というのは、確かギリシャの古代哲学者の格言だったような気がする。
 家内に薦められて知った本。
 福島県は玉梨温泉へ行った折、露天風呂でのんびり読んで以来の愛読書。
 梨木香歩氏~家守綺譚(いえもりきたん)
 この本を読んでいると、なんだか、夢にそそのかされたように、忘我とし心がゆらぎます。
 きわめて美しく、凛として、気高くも歌い上げるがごとし。
 際立った名作であります。
 ここまで優れたものは、珍しい。私の最愛の一冊であることは間違いないです。
 もう数十回読んでるので、ボロボロ。この本だけは、絶対に新刊で買いなおそう。絶対に、ブックオフなんかで買わない。
 音楽でも、本でも、ここまで優れたものは、常習性を備えてますね。私にとってはグレングールドのフランス組曲に等しいな。
 また、今日も心が救われた。
 今、現代に生きていて、優れたものが正しく評価されず、作者が苦難にあえぐのが常識となってしまった様子を目の当たりにし、聞き手、読み手は、心して自分を磨き、作品に対峙せねば、と思う。
 また1週間、がんばろう。ギターのある人生を全うして生きようとおもう。

JUGEMテーマ:読書