ペペ田代~ギタリスト

ギタリスト・ペペ田代のホームページへようこそ!

演奏のオファーは:info@pepetas.com/TEL.03-3371-6681

ぺぺロメロ

スペイン・マラガ空港でのペペ・ロメロさん

malaga

スペイン・マラガ空港で、フライト待ちの時間に練習するペペ・ロメロさんの珍しい写真です。

私ペペ田代はぺぺロメロさんの全てを尊敬をしていますが、私がいつも感心し、尊敬申し上げる特筆すべき点に、【大変に真摯に丁寧に、確実な練習を怠らない」という点です。

ぺぺロメロさんは、世界で最も沢山「アランフェス協奏曲」を演奏なさっているはずですが、極めて遅いテンポですべてを確認しつつ練習なさいます(私はそのビデオ持ってます。練習を撮影していいよ、とおっしゃっていただいたので)

優れた音楽は、その人の実像が垣間見えるものですが、そういった部分からも、【聴衆が感動する】音楽が紡ぎだ出されるのでしょう。

優れたプロほど、【なめていない】のですね、音楽を、演奏を、人生を。

それを思うに、日頃、自分が如何に【気軽に雑に】ギターを手にしているのか、常々反省させられます。

こういった事を得心させられることこそ「真のレッスン」なのですね。どこをどう弾くか、などよりも。

益々5月の来日公演が楽しみです。この来日の為に用意される2つの特別プログラム、全音楽ファン、ギターファン、必見です。

チケットの購入は一日も早く、ぺぺタスウエブショップで!
http://www.shop.pepetas.com/wp/romeroconcert/ticket

 

ぺぺ・ロメロさん宅訪問&滞在記-2

電車道中1私は毎回、ロスからサーフライナーという電車で南へ向かいます。

途中から海が見えてくる。

この日は雲が多かったのですが、時折光がさして美しかった。

 

 

 

 

 

道中写真2自分が海のない土地に生まれ育ったこともあり、海が近い土地に憧れます。

海は様々な表情を見せますが、傍観する分にはどれもこれも美しく、見惚れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

駅到着です。

プラットホームで。

そしたら、パパ(ぺぺロメロさん)と奥様のカリッサ夫人が、迎えに降りてきてくれた。

私自身、4年ぶりの訪問となってしまい、何とも長すぎる年月に、再開を祝しました。

 

 

 

 

駅で駅の前で、パパと家内と記念撮影。

カリッサ夫人がシャッター押してくれました。

こう見ると、私とパパが体系(色々な部分のサイズも)そっくりなの、分かるでしょ?

いつも、パパの娘たちに「ぺぺはパパそっくりね」と言われてますし。

だから「ぺぺ」の名前を頂戴して、息子としていただいたのですからね。

さて、この後、まずはパパ宅に行って、セリン(パパの兄上)とクラウディア(セリンのパートナー)と再会を喜びました。

 

ぺぺ・ロメロさん宅訪問&滞在記-1

10/23より、ぺぺ・ロメロさん宅に滞在させていただきました。

家族としてお付き合いいただいているので、家内を伴って訪問しました。

もちろん、来年5月の、ぺぺ・ロメロ来日コンサートツアーに向けての取材等々、仕事が殆どだったのですが、私自身が久しぶりの訪問となってしまったので、ご家族の皆さんとの旧交を温めてまいりました。

何度かに分けて、ぺぺ・ロメロさん宅訪問&滞在記として、ご案内してまいります。

111999km成田へ向かう道中、まずはおなじみ、走行距離ネタです。

高速を走行中です。助手席の家内に撮ってもらいました。

 

まずは、111999km

 

 

 

 

1112000km1112000km。

 

やはり、同じ数字がそろうと美しいですね。

 

 

 

 

 

112020kmこれも撮ってみました。

112020km。

さて、ボツボツ、成田空港近くのパーキングへ到着。

 

この旅行の日程を捻出するため、ずーっとハードワークが続き、私も家内も体調崩し気味でした。

 

 

ANA今回の旅行はANAを利用しました。

成田からロスで、9時間半の予定です。

ANAは機内エンターテイメントが充実しているので、本とか、持ち込まなくても退屈しないので、便利ですね。

アルコールもフリーで提供されますし。

まあ、体調悪くて飲めませんでしたが。機内食も、2回とも完食できずに残してしまいました。

 

 

ユニオン駅天井ロスにつき、日付変更線を越えるので、同じ23日。

FLY AWAYバスで、飛行場から電車のユニオン駅へ。

この駅は、とても美しい。

エントランスの大きな絵と天井です。

 

 

 

 

ユニオンの雀ちょうど待ち合わせが悪く、ユニオンで2時間半以上待ちました。

中庭のベンチで、家内がサブウエイサンドを食べていたら、雀がよってきた。

コロコロで可愛いですね。

 

 

 

ユニオン駅待合ユニオン駅の待合室は広く開放的で、ソファーのゆったりで好きです。

天井も美しいですね。

 

いやはや、やはり長旅に待ち合わせ悪く、長いウエイティングが加わると、ややこたえます。

とにもかくにも、体調が良いことが、人生を楽しめる根幹ですよね。日頃の自分たちの健康に感謝します。

 

今日はこんなところでお終いです。また次回をお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

なでしこJAPAN優勝おめでとう!ペペロメロさんからメッセージ

  なでしこJAPANワールドカップ優勝おめでとう!

 今、電話でパパ(ペペロメロさん)とおしゃべりしました。
 パパから日本の皆さんへのメッセージ
 ワールドカップ優勝、本当におめでとうございます。私も心から喜び、お祝いを述べることを嬉しく思います。
 今回の優勝は、今の日本にとって、とても貴重で素晴らしいことで、これによって日本の皆さんが大いに勇気付けられることを、世界中が知っていました。
 そして、私が日本と日本の皆さんを心から愛していることは改めて述べるまでもありませんが、だからこそ私も、この優勝を心から喜ぶことが出来ました。
 本当におめでとうございます。私はこの優勝を皆さんと分かち合えて、とてもハッピーです。  ペペロメロ
 パパは又明日から、ツアーのオンパレード。明後日からオクラホマでの【セレドニオ・ロメロ・フェスティバル】のため、明日フライト。その後、ツアーが続きます。
 早く会いたいな。「9月に中国でコンサートがあるから、おいでよ」と誘われましたが。
 ここからはニュース色々

 1: ペペタスギターレッスンオンラインより、ギターレッスンDVDの新コース
 
が、昨日発売になりました。
 ビギナーコースに、待望の2コース追加です。
第6ステップ:コード内のハンマリングとプリング
第7ステップ:16ビートのストロークと省略コード
ペペタスギター教室HPのWEBSHOPから購入申し込みが出来ます。
 2:マスタークラスの開催も決定しました
 今回は2日連続の徹底コース!

2011827日(土)~28日(日)


 


時間は午前10~午後1時&午後2306時(一日6時間半・2日で13時間)


テーマ:左手のテクニックの全貌~プロギタリスト&レッスンプロ徹底養成コース


参加費:3万円(2日分)


場所:ペペタスギター教室・高田馬場校


定員:6名(先着順締切)


申し込み:03-3371-6681 または info@pepetas.com


 3:先日秋田県は男鹿に行ってきました。近日ブログに書きます。
 
で、森や海や洞窟で演奏して、VTRに収めました。それをYOUTUBEにアップ(8ファイル)したので、ご覧ください。
 私の演奏画像ばかりを集めたYOUTUBEチャンネル【 pepetashiro 】を新設しましたので、検索してください。
JUGEMテーマ:ギター

ペペ・ロメロさんの近況~2011年6月

  今日、水曜日~私ペペ田代はスカイプレッスン予定日です。
 ペペタスギター教室も、スカイプによるギターレッスンも通信個人レッスンを開始して3年以上が経過しました。
 お蔭様で、日本はもとより海外各地にも生徒さんが出来て嬉しい限りです。今後益々、多くの生徒さんと出会い、上達のサポートが出来ることを期待しています。


 さて、今朝、パパ(ペペロメロさん)と電話で話しましたので、いくつか近況報告などを。


①まずは新作CD情報から
 昨年11月にドイツにてソロ作品の録音を、そして先月、ロメロス四重奏団にてクリスマスアルバムの録音を終了していますが、そのリリース予定です。
 グラモフォンから発売ですが、秋頃にロメロス・クリスマスアルバムを発売。その後、11月頃にソロ作品のリリースとなる予定だそうです。楽しみですねぇ!早く聴きたいな。


②DVDのお知らせ
 今年冒頭、スペイン・グラナダで開催されたパパのコンサートがDVDになります。コルデロ(南米の作曲家)の協奏曲が含まれる内容で、パパはちょうど昨日、エディット確認のため視聴したそうです。
 「良いコンサートだったよ!映像もいいよ!」とのことで、こちらも発売が待たれますね!
③先月、サンフランシスコの大学から「博士号」(何個めだろうか?たくさん頂いているので)を授章され、授与式でスピーチなさったそうです。
④大震災に当たりコメントを送ってくださいましたが、未だに随分と日本のことを心配なさっております。【いつでも私の心は、復興に立ち向かう親愛なる皆様と共にいます】とのことです。
 いつもいつも、心配していただき感謝で一杯です。今日もパパと会話したことで、心を分かち合えてハッピーになりました。
 皆さんも、大変な毎日、こんな時だからこそ、ギターに救ってもらいましょう!


JUGEMテーマ:クラシックギター

パパ(ぺぺ・ロメロさん)の誕生日で電話しました

  おっと、大事なことを書くの忘れてました。
 3月8日は、パパ(ぺぺ・ロメロさん)の誕生日で、日本時間の今日(3/9)午前が、現地アメリカ西海岸の3/8午後。で、お祝いの電話しました。パパの携帯に。
 で、
・先週、スペイン~グラナダ行ってたよ。
・4月頃には、制作中のギター教本の原稿を仕上げる予定だよ
・誕生日を家族に祝ってもらって、嬉しいよ
とか、6~7分、雑談しました。パパと共に過ごす時間は、いつでも、幸せな気分になる。
 早く、また来日してほしいですね!

ぺぺロメロさん宅滞在記~最終回

 今日は木曜日で、アメリカから戻って1週間。ようやく時差ボケも改善されてきました。今日はペペタスギター教室・高田馬場校にてレッスン担当日。
 さて、ぺぺロメロさん宅滞在記、いよいよ最終回です。11月24日(火)の3時半頃の電車に乗ってロスに向かいます。
まずは、今や、圧倒的な高みにあるギターを製作する、歴史上「真のギター製作家」となった、ぺぺロメロJr氏。愛称リトルペぺ。
昨年滞在時には:
・生い立ち
・ギター製作を始めた切っ掛け
・製作を学んだ過程
・プロ製作家としての初期のキャリア
などをインタビューしました。(まだ未公開)
今回は:
・材質について
・キャリア上、影響を受けたギター
・サスティン(音の伸び)
・サップウッド(白太)について
・最近の製作動向
など、話を聞きました。
私自身が、忙殺される日々が続いていて、なかなか翻訳できませんが、この度全面的にリニューアルされる私のHP内「ぺぺロメロJrギター」コーナーに、来年の春頃には、アップしてご紹介したいと思っています。

パパが練習するのを拝見します。
この日は、ターレガの小品を何曲も弾いてらっしゃいました。
あらゆることが参考になります。
パパと一緒にいると、ともかく楽しいのですが、全てが勉強でもあります。
午後、ファミリーの方が会いに来て下さって、表で葉巻を吸いました。
滞在中、毎日吸っていたので、帰国してからも、毎日吸いたくなります。
パパ、セリン、リトルペぺと兄弟のティナ&グレッグ夫妻。
楽しく雑談しながら、温かい日差しと幸運で幸せな時間を分かち合います。
しかし、来るたびに、皆さんに、本当に良くしていただき、感謝に堪えません。ありがとう。
パパに送ってもらい、駅へ向かいます。車中、色々話しつつ。パパといると、話が尽きません。
LAのホテルに無事着いて、疲れてもいたし、明日早いので、ホテル1Fのレストランで済ませます。
お昼にカリッサ夫人が、美味しいトルティージャを作ってくれて、お替りしたので、あまり空腹でもなかったので、サンドイッチを注文してみました。
16ドルは高いな~、と思いましたがホテルレストランだし、仕方ないかな?と。
で、出てきてビックリ、そのボリューム。
ベーコンとターキーハム、どれだけ入れてるのよ?って感じ。
ポテトチップも、多いですね~。
まあ、アメリカンサイズですな。半分で満腹しました。全部食べたけど。
で、赤ワイングラス、10ドルだって。
チップ置いて、3000円だよ。もっといいもの、食べられるのですが。・・・。
明朝、空港のカフェで。
ハム&チーズのクロワッサンと、ダブルエスプレッソ。
両方で6ドル53セント。
テーブルでゆっくり新聞読みつつ。

帰りは大韓航空を利用しました。
今回から、とうとう、ギターが手荷物で持ち込めなくなりました。今後は、ケースやケースカバーなど、考えないといけなくなったな。
大韓航空は、サービスいいので好きです。毎回、韓国ビールも楽しみ。
この日は、ボジョーレヌーボーもサービスされていました。

機内食は、おなじみのビビンパを選びました。きゅうりの漬物。わかめスープ。メロン。
 疲れていたのか、食事以外は、ずっと寝てました。
到着前の食事です。
・ペンネのトマトソース
・シザーサラダ
・パインのブラウンケーキ
・パンとオレンジジュース

飛行機の窓から、朝の光の海と雲。
美しいですね!
その後、無事成田に到着。
と言ったわけで、私ペぺ田代は、ぺぺロメロさんとカリッサ夫人、セリンさんとクラウディアさん、リトルペぺとファミリーの皆さん、全てのお心遣いで、非常に素晴らしい1週間を、パパと皆と、過ごすことが出来、今日に嬉しいです。
こんなところで、ぺぺロメロさん宅滞在記2009、お終いです。

 JUGEMテーマ:旅行

ぺぺロメロさん宅滞在記~7

 パパ(ぺぺロメロさん)宅の滞在記の第7回。今日は23日(月)の夜です。
 話題は、パパが「フィリップス(レコード会社)」時代、殆どのレコーディング&重要なコンサートで愛用したギターの話です。
スペイン・コルドバの製作家、ミゲル・ロドリゲス、1973年のギターです。
杉・ハカランダ・660mmの仕様。
私は数限りなく「銘器」を弾いてきましたが、人類史上最高のギターだと思います。パパも同意見。
ロドリゲス独特の、美しく精緻なロゼッタ。
素晴らしいギターには「名前」を付けます。
このギターが出来上がり、パパが使用し始めた暁。
 その演奏を聞いた多くの人たちが、製作者のロドリゲスに、「ぺぺの新しいギターは、本当に”wonderful”だね」と言ったことから、

”La Wonderful”という名前になったそうです。
 稀代の名人によって弾き込まれた、至高の製作者による最高傑作。
 そのサウンドは、正に”ワンダフル”としか言いようのない境地。
「ゆっくり弾きたいだろうから」と、一晩、私が宿泊させていただいた部屋にお借りしました。暗くて写真が美しく撮れませんでしたが、御容赦ください。
優れたギターを弾くと、「教えを受け、導かれます」。ギタリストは、常に「ギター(楽器)」にそれを求め、学び続けるのだと思います。
早朝、昨年の滞在時に続き、このギターの再会して、じっくりと弾きました。感じたこと、学んだことは:
「心を開いて、音楽に身をゆだねれば、常に正しいところに導いてもらえる。だから、自分は何もしなくてもよいのだ」
ということを、思い出しました。これは、以前から知っていること。でも、もっとも難しいこと。
人は、【欲しい】【得たい】【したい】【されたい】としがちですが、パパは真逆で、【与えたい】【してあげたい】と生きていらっしゃる方なんです。
で、このギターを弾いていると、自分の精神が、「如何に欲に満ちているか。そしてその”欲”が心を惑わせ、人生を苦しめるのか。そして、どうすれば解放され、より高い精神を実現できるのか」を、実感させてくれます。
これこそが、「銘器~崇高なる存在」なのだと思います。それをパパに言ったら、「お前は、”La Wonderful”から素晴らしいレッスンを受けたね。その通りなんだよ。これでまた、より良いミュージシャンになれたね。おめでとう」と言って頂きました。涙が出るね、ホントに。
裏&側板は、サップウッド(白太~白い部分)の大きく入ったハカランダ。日本のマーケットは白太を嫌う傾向がありますが、良いギターに、そんなことは何の関係もありません。
パパの息子で、ギター製作家のぺぺロメロJr氏が、私用に作ってくれたギター【#166】です。
表面版を、昨年行ったときに決めておいて、あとは「その板と、神様のお導きのままに作って欲しい」とだけお願いしていました。
言いませんでしたが、私のイメージは、”La Wonderful”でした。
仕上がってみると、私がギターに求めるもの、全てがこのギターの中にありました。
大量の銘器コレクションの中で、弾き比べたわけですが、パパもセリンも、:
「お前に一番合っているね」
「Wonderfulと、とても良く似ているね」
「リトルペぺの最高傑作の一つだね」
と。私もそう思いました。
出会った瞬間に、恋に落ちましたし、「私のために遣わされたギターだ」とも確信しました。
パパと何日か考えたすえ、名前は ”La Wonderfulita”になりました。パパが名前を書いてくれました。
12月6日のペぺ田代ギターコンサート2009で、使用します。お楽しみに。

JUGEMテーマ:ギター 

ぺぺロメロさん宅滞在記~6

 今日は日曜日で、ペペタスギター教室は全校お休み。私ペぺ田代もレッスンお休みで12月6日のコンサートの練習に1日使えます。時差ボケで、睡眠が浅く、また、朝早くに目覚めます。旅の疲れが抜けづらいですね~。今夜は早く寝られたらいいな~。
 さて、パパ(ぺぺロメロさん)宅の滞在記。今日は23日(月)の朝~午後です。昨日も書いたとおり、セリン・ロメロさんの73歳の誕生日です。
1931年製のホセ・ラミレス2世ですが、製作はラミレス工房の伝説の職人「アルフォンソ・ベニート」の製作です。極めて稀なギターで、その音の素晴らしさは、絶句ものでした。以前から、パパからこのギターの話は聞いていて、弾いてみたかったのが叶いました。最高レベルのギターでした。
裏・側板は「シープレス」。
御覧の通り、裏は3ピースになっています。
シープレスはフラメンコギターに、使用されるので、フラメンコ専用のようなイメージがありますが、「シープレスのクラシックギター」というのも、ここまで素晴らしいコレクションに触れていると、実に素晴らしいものだと感心し、欲しくなってしまいますね!

ラベルは、普通に「ホセ・ラミレス2世」ラベルです。
ロゼッタ(サウンドホール周りの飾り模様)も美しいですね。
コンディションも素晴らしく、ほれぼれします。

滞在中、折々、気が済むまで弾きました。
高速立ち上がりに、図太い低音、甘く太い高音から、ラスギャードの切れ、タッチへの変化、見事です。
1920~30年代のマドリッド製ギターは、ギターの歴史上、間違いなく一つの究極ですが、このギターはその中でも、指折り数えられる実力のギターでした。
そういったコレクションが、ここに数十本、置いてあるわけです。
私が弾きたかったので、持って来ていただいていたわけです。(安全管理のため、通常は複数個所に保存)

セリン、セリンのパートナーのクラウディアさん、パパと私の4人で、サンディエゴまで、ランチに出かけました。
この店はタイ料理店で、オーナーの女性はセリンさんとは、旧知の仲だそうで、セリンの誕生日を祝っていました。
チキンの汁ビーフンを頂きました。
ポッカポカの日差しで、表のテーブルで。陽光の温かさの中、楽しく過ごしました。
デザートに、タピオカが出ました。
ジャスミン茶とともに、頂きました。
温かいタピオカも、美味しいですね。
 
さて、ランチを終えて、並びのオープンカフェで、葉巻です。私は、また、コイーバを頂きました。パパから。(とてもプライベートな写真なので出せません。ごめんなさい)
温かい日差の中、楽しいランチに満足し、葉巻に火を付け、明るい景色を眺め、風の音を聞き、愛する人と共に過ごす時間。
最初の煙を吐いてパパが私に一言。
「Pepe,This is life!」(ぺぺ、これが人生だよ!)
生涯忘れません。パパ、ありがとう。セリン、誕生日おめでとう。
JUGEMテーマ:ギター

ぺぺロメロさん宅滞在記~5

  今日は土曜日。今日から私ペぺ田代は、帰国後、レッスン開始日で、ペペタスギター教室・東京・高田馬場教室にてレッスン担当。
 また、心機一転、生徒の皆さんに喜んで上達していただけるよう、頑張ります。
 さて、パパ(ぺぺロメロさん)の家での滞在記。続きです。11月22日(日)の午後です。連日、素晴らしい陽光に恵まれ、顔が黒く日焼けしてきました。
 
パパと私。御長女のTINA夫婦とその御子息BERNARDOで、お墓参りに行きました。
 滞在中、祖父君セレドニオさんと、祖母君アンヘリ―タさんの精神を、非常に強く感じることが多く、また私自身、以前からの希望だったので、パパにお願いして初のお墓参りが、叶いました。
 静けさと平穏に包まれたところでした。

墓所の前で、パパと写真を撮りました。
アンヘリ―タさんの墓所に、口づけた手を触れていると、非常に強い「気」を感じました。
正に、母親に抱かれているような、強い「気」でした。
パパは、セレドニオ逝去後に発表したCD「父の教えたまえし歌」のライナーで、その「別れ」と「永遠の命」について書いていますが。私自身も、昨年くらいから「永遠の命(精神)」ということを、体験を持って信じられるようになりました。
ギターを始めた切っ掛け(ある日の出来事)も、私とセレドニオは、非常によく似ていて、驚きました。
パパの家のテラスから見た夕焼けです。
この日は、皆が集まってパーティーでした。翌日が兄君セリンの73歳の誕生日なので。
バーベキューディナー。楽しみですが、食べ過ぎないように気をつけました。

初めに取り分けた分で、もちろんお替りしてしまいました。・・・。
美味しかったです。
・なすにジャガイモ。
・ビーフ。(ここの家では、普段はあまり食べません。この日は子供たちが多く集まったので)
・ターキー(七面鳥)のバーガー(旨)
・すりおろし豆のスープ
皆が集まり、楽しいホームパーティーになりました。

ぺぺロメロさん宅滞在記~4

 昨日の26日(木)、私ペぺ田代は、楽しいぺぺロメロさん宅の滞在を終え、無事に帰国いたしました。ブログ更新が途絶えていましたが、滞在中は、あまりに忙しくて(皆が訪ねてくれたり)更新するヒマが無くなってしまっておりました。
 で、前回からの続きです。現地時間の11月21日(土)の夜から、翌22日(日)の午前中です。
 彼らの地元で、記念コンサートです。パンフレットの表紙です。曲目は:
・パラエトリウスの「Bransle de la torche,Ballet,Volta」
・ヴィヴァルディの「ニ長調協奏曲(RV93)」
・バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」
・ブレトンのLa Verbena de la Palomaから「前奏曲」
・アルベニスの「グラナダ」(パパとセリンの二重奏)
・ボッケリーニの「前奏曲とファンダンゴ」
休憩をはさんで:
・パッヘルベルの「カノン」(当日追加)
・チャピのLa Revoltosaから「前奏曲」&「Luis Alonsoの舞曲」
・セレドニオ(父君)の「サパテアード」(セリーノ&リトの二重奏)
・パパ作曲の「カディスの祭り」
・ヒメネスの「La Boda de Luis Alonso」
・パパ作曲の「De Cadiz a la Habana」
最前列かぶりつきで、拝聴させていただきました。
 いつも彼らのコンサートを見ると、「感動」します。
「感心」させてくれる音楽家は多いですが、無条件で「感動」を与えてくれるアーティストは、希有ですね。

会場総立ちで、アンコール2回。
まずは、彼らの十八番、「マラゲーニャ」。
続いて、すさまじいラスギャードのオンパレード、アンコールのトドメはお決まりの「ルンバ」。
 翌朝。やや二日酔い。コンサート後、主催者からシャンパンが振る舞われて、素晴らしい感動で高揚していた私は、ファミリーの皆さんとの会話も楽しく、7杯もお替りしてしまいました。
 毎日、カリッサ夫人御手製のヨーグルトを頂きます。おかげで、お腹の調子も良かったです。大変に美味しくて、楽しみでした。
 パパの長女TinaとGreg夫妻とは、大の仲良しで、Gregとパパと3人でギターの弾き比べです。まあ、毎日やってますが。
 この日は、超素晴らしい:
・ドミンゴエステソ
・サントス・エルナンデス
を中心に、弾き比べ楽しみました。
この写真は、エステソ弾いてるところ。
1926年製のドミンゴ・エステソ。パパのエステソコレクションの中でも、傑出して素晴らしい音がします。サントスに比べ、やや評価の落ちるエステソですが、このギターは素晴らしい。
超高速レスポンスに重低音、太ーい高音、どれをとっても完璧。
1932年製のサントス・エルナンデス。パパは8本、サントスを持ってます。
で、私は東京でも、かなりの数のサントスを弾いていますが(大好きなので)、これも全サントスのなかで、傑出してます。コンディションが大変に良いし。サントスの特徴を全て兼ね備え、崇高ささえ感じさせます。気が済むまで弾きました。

JUGEMテーマ:ギター 

ペペロメロさん宅滞在記~3

  昨夜は、ギター製作家のペペロメロJr(リトルペペ)氏宅に、夕食に招待され、パパと数人で御呼ばれしました。非常にプライベートなことなので、写真などは勘弁してください。
 唯一紹介は、ギターの写真。
1918年製のサントス・エルナンデス。スプルース&シープレス。
元々は祖父君、セレドニオ・ロメロ所有でしたが、パパ(ペペロメロさん)に受け継がれ、今はリトルペペの所有。
彼が製作者の道を志したとき、記念にパパからプレゼントされたギターで、彼がギター制作上、大きなインスピレーションを得て、理想の一部にしているギターです。
 素晴らしく太い高音。よく歌うし、SN,反応、すべて傑出してる。
 後日、私のサイト内「ペペロメロJr日本オフィシャルページ」で、詳しく紹介します。
一夜明けて、今朝の模様。
今夜は、地元で、客席75席限定の「ロメロス・スペシャルコンサート」が開催されます。
 で、朝食ご、すぐパパが練習を始めて、「一緒にやろう」とお誘いいただきまして、昼前まで、非常に素晴らしいレッスンをいただきながら、一緒に練習しました。最高の幸せです。
午後、会場へステージ&サウンドチェックに出かけました。
しかし、毎日素晴らしい天気。太陽の直射大好きな私は、うれしくて陽に当たってます。が、ずいぶんと日焼けしてしまいました、2日間で。

セッティング中の会場。
スペシャルコンサートとあって、とっくの昔にチケットは売り切れ。小さな会場でロメロスのコンサートが楽しめる、非常に希少な機会。
 私のために、パパがチケットを1枚用意してくれていて、私はラッキーに客席で本番が聞けます。
 木の天井で響き良いです。雰囲気もよし。会場背中は、海岸線だよ。
リハーサルからの帰路、オープンマーケットによりました。
いろいろ屋台が出ていて、タマレスというメキシカンフードを、いただきました。
 とうもろこしの粉を練って作った皮に、(まあ、饅頭の外側みたいなもんだ)様々な餡(私はチーズと野菜)を入れて、とうもろこしの皮で包み、蒸したもの。
サルサを付けていただきます。私は、人生初食。パパと一緒に、その場で立ち食い。おいしかったよ。
一旦、家に戻り、パパは休憩しリラックスし、夜の本番に備えます。

ペペロメロさん宅滞在記~2

  滞在2日目のお昼です。今日の午前中は、ギター製作家のペペロメロJr氏と海に行ってきました。
 彼は、サーフィンをするので、その間、砂浜の散歩を楽しみました。ここに来た時の楽しみの一つです。
美しいですよね。昨年の滞在記でも、ここの海を紹介しましたが、今回は季節が違い、それに、今日は波がサーフィンには絶好のコンディションだったので、また、光景も一味違います。

白波がたってます。
波音も大きく、砂浜をゆっくり、日差しを浴びて歩いているうちに、あっという間に1時間経ってしまいました。
 素晴らしい気分転換。自然のパワーをいただきました。

彼の工房の写真を少し紹介します。
作業台のところにある、刃物道具ですね。
ノミの刃なんかは、日本製のものを使ったりもするんだって。
ギター製作には、様々な工具がいるのですよね。
製作途中のギターです。スプルース&ローズウッドのクラシックですね。