ペペ田代~ギタリスト

ギタリスト・ペペ田代のホームページへようこそ!

演奏のオファーは:info@pepetas.com/TEL.03-3371-6681

CD紹介&試聴

ペペ田代~自作自演クラシックギターソロ~CD

【作品概要】

2005年発売のペペ田代オリジナル作曲作品群収録のCD~「遠い日のソナチネ」は,、好評をいただいています。

この作品テーマは:
・自作自演のクラシックギター独奏作品集
・「リリカル・ポリフォニー」のテーマ通り、「ポリフォニック(多声部音楽)」であり、
「リリカル(抒情的)」であること、そして楽想が「ポップ」であること、
そして「日本的風情を内包していること」をテーマに、
それをギターソロで実現すべく制作した作品群
・極めて高い音楽的見地から仕上げられた作品群は、非常に高い芸術性と親しみやすさを併せ持っています

ぺぺタス・ウエブショップで購入できます

ご購入は、別サイト【ぺぺタス・ウエブショップ】にてお願いします。

●批評

高度にユニークで本質的な叙情美に満ちたギター芸術』濱田滋郎(音楽評論家)

ペペ田代さんに関してはこれまで「ペペ・ロメロに学んだギタリスト」との認識しか、正直に言って、私は持っていなかった。多少、話を交わしたりしたのも、ペペ・ロメロ来日公演後の打ち上げの席ぐらいではなかったろうか。

いま、田代さんが世に問う決意をされ私のところへ送って寄越された自作自演CDのテスト盤を一聴、二聴して、私はうれしい驚きの中にいる。ここまで高度なギタリスト=コンポーザーで、彼はあったのか。 (さらに…)

●試聴音源

Track_01/「Nerja」1~前奏曲


スペイン南部の海岸線コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)の町「ネルハ」は、 (さらに…)

Track_03/「Nerja」2~幻想曲

砂浜で波音を子守歌にうつらうつらとしていると、時たま聞こえる鳥の歌に誘われ (さらに…)

Track_03/「Nerja」3~舞曲

海の幸に恵まれた町の収穫祭は、海の男達が大声で歌いながら小舟で内海 (さらに…)

Track_04/遠い日のソナチネ

ある秋の夕暮れ、数十年ぶりで子供の頃に通った小学校へ行ってみました。すると、あの頃と何も (さらに…)

Track_05/平凡なワルツ

19世紀ロマン派の時代は、ギターにとってターレガの小品に飾られた素敵な時でもありました。そこで、 (さらに…)

Track_06/「月夜の光景」1~前奏曲

どうも私は、冬がテーマの曲を作るのが苦手です。そんな中で、冬的なニュアンスを持った組曲 (さらに…)

Track_07/「月夜の光景」2~幻想曲

眠れぬまま更け、夜が最も深くなった頃、想いも深く心を巡ります。忘れ去った過去との (さらに…)

Track_08/「月夜の光景」3~トッカータ

凍える夜の空気に、月明かりは薄雲に弄ばれるように息づかいをしています。自己の中に共存する (さらに…)

Track_09/「春の組曲」~1・フーガ「もうすぐ春」

冬が嫌いな私は、何にも増して春を恋しく思っています。この組曲はそんな日本の春の描写で (さらに…)

Track_10/「春の組曲」~2・幻想曲−A「春雷」

未だ寒さが残る早春のある日。急に雲行きが怪しくなり、雷鳴轟き、豪雨が襲ってきました。

Track_11/「春の組曲」~3・幻想曲−B「桜が咲く」

日差しの中で桜のつぼみが、はじけ始めました。

Track_12/「春の組曲」~4・トッカータ

桜が散り、風に舞う様は、まさしく豪壮、優美、絢爛たる見栄えで、日本的な (さらに…)

Track_13/若い母の子守歌

簡単な練習曲を作ろうと思って作曲しました。シンプルで柔らかなメロディーと和声で、日だまりに咲くタンポポのような暖かさに、赤ん坊を抱く若き母親をイメージしました。

Track_14/レクイエム

今までに、悔いの残る見送りをしたことが何度かあります。その度に、何とも (さらに…)

Track_15:Por Una Cabeza(Tango)

映画のひとこまで、アル・パチーノがタンゴを踊る場面にしびれました。 (さらに…)