ペペ田代~ギタリスト

ギタリスト・ペペ田代のホームページへようこそ!

演奏のオファーは:info@pepetas.com/TEL.03-3371-6681

12月

ペペ田代~フランス・リヨンのサヴァレス社訪問

  今日は2012年大晦日。大参事に見舞われた忌まわしい年もあと数時間。来年は、世界中が平和で明るい年になって欲しいし、ギターを弾くことで、音楽に関わることで、少しでも人生が美しくなれば、と願ってやみません。
 さて、ご報告が遅くなりましたが、明日館コンサートのあと、私ペペ田代は家内と二人、フランスへ行ってきました。
 主な目的は、とても好意的なお付き合いをしていただいている弦メーカー、SAVAREZ(サヴァレス)社(リヨン)と社長さんのベルナール氏のお宅に招かれて、ご好意に甘え、うかがうこと。ついでに観光を少々。
 まずは観光。
 世界遺産~モンサンミッシェル。ちょうどクリスマス限定ライトアップを見ることが出来ました。
 わたしは、2~3歳の頃、しきりに11~13世紀頃のヨーロッパカトリック圏の絵を、デジャブに見ていた(最近、見ていたものがなんだったか、徐々に分かってきた)ので、実に興味深かった。
 モンサンミッシェルの参道あたりで記念撮影。
 やはり、ヨーロッパは【石・石・石】なんです。
 この地方、ノルマンディーは天候が激変しやすい土地柄らしく、雨が降ったり、ヒョウが降ったり、晴れたり曇ったり。まあ、寒いしね。
 寺院内のショップで、中世の賛美歌CDや、寺院内に描かれている宗教画の解説書など購入しました。
 これでまた、音楽の勉強が進みます。
 翌日、パリへ戻る道中、オンフルールという美しい町に。
 市が開かれていて、散策。葉巻吸いつつ、傘さしたり、急に晴れたり。
 こういうところ、ゆっくりしたいね。ツアーだと、どこへ行っても忙しい。
 オンフルールの街角で。
 フランスらしい写真でしょ?
 パリです。
 一応、エッフェル塔と。
 同じく、一応、凱旋門。
 どちらも16年ぶり。
 さて翌日。ツアーの自由行動日程を利用して、念願のリヨンへ出発。
 朝日もまぶしい、パリのTGV~リヨン行駅。

 リヨンに着いて、ベルナール社長にピックアップしてもらい、その足で奥様が待つレストランへ。
 貝中心のシーフード卸が居並ぶフードコート内のレストランへ。
 ベルナール氏と共に。
 ベルナール氏がリヨンを案内してくれました。
 ここは、ローマ史跡の円形劇場跡。
 二人で記念撮影。
 ベルナール氏はことに68歳。なんともお若い。
 高台からリヨンの町を一望。
 ベルナール氏のお宅に泊めていただきました。
 シャンパンで乾杯。
 なぜか、社長と仲良くなったんです。
 経緯はパパ(ペペロメロさん)がらみですが、しかし、世界のギター界で活躍する素晴らしい皆さんと、随分と親しくしていただき、光栄です。
 ディナーへ出かけました。
 リヨン市内の有名なレストラン。
 これが名物料理~クネール。
 白身の川魚をすり身のムース状にして焼きあげたもの。ソースは、甲殻類のソース(アメリケーヌ風)。
 大変に結構でした。
 さて翌日。
 いよいよ念願かなって、サヴァレス社屋へ、訪問しました。
 看板の前でベルナール氏と家内と、記念撮影。
 14歳の頃、初めてサヴァレス弦を購入した日のことが鮮明に思い出されました。
 人の縁というのは、粋なものですね。
 会議室でスタッフの皆さんと談笑。
 皆さんと会えて、良かった。いつも感謝して、ギター弾いてます。
 中学、高校の頃、せめて一月に1回は弦交換したいというのが、ささやかな夢でした。
 で、新しい弦のパッケージを切るときの喜びたるや!!!
 でも、たとえば毎日でも弦交換できる今となっても、新しいパッケージを開ける喜びは少しも変わりません。

 リヨンの町に、クリスマスシーズンだけ出現するという観覧車の前で。
 ベルナール氏とペペ田代、そして広報担当のメラニー嬢。
 そして、夢のようなリヨン滞在は、ベルナール氏と奥様、そしてサヴァレス社の皆さんのご好意によって、素晴らしい想い出となりました。
 感謝、感謝、感謝。
 ようやくブログがかけました。とりあえず駆け足でのご報告ということで。リクエストあれば、もっと書きます。
 
 今年もペペ田代およびペペタス・ギター教室をご愛顧頂き、誠にありがとうございました。
 来年も、今まで以上によろしくご高配ください。
 では、ギター愛好者の皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

ペペ田代ギターコンサート2011終了しました

  昨日12/11、天候に恵まれ、【ペペ田代ギターコンサート2011】が、池袋自由学園明日館・講堂にて、開催されました。
 ご来場の皆様、お忙しい中、誠にありがとうございました。
 私自身も、音楽を楽しむことが出来ました。
 来年は11月11日(日)、同様の開催を予定しております。
 今年は、日本にとって、受難の年になってしまいました。
 そんな中で、人生には音楽が本当に必要で、欠かさざるべきもの、との思いを強く確信した年でもありました。
 皆で助け合って、頑張って参りましょう。
 今の日本を救うのは、私達の【気高き精神と愛】です。
 来年3月23日(金)明日館本館の【1925室】にて、サロンコンサートの開催も決定しました。25席限定~完全予約制です。どうぞよろしくお願いします。

JUGEMテーマ:クラシックギター